ばけみの終活

最後まで明るく生き抜くためのブログ

若いからこそ出来ること。オトナだから気付けること。

ばけみです。

 

わたしは若いころ、

超がつくほどのなまけものでした。

まあ、今がなまけものじゃない

ってわけではないですけどね。

きっと、やれば出来る子なんですが

(過保護の親がよく言うセリフ)

わたしの両親は良くも悪くも放任で

宿題をやれとか成績のことも

うるさく言われたことがありません。

ある意味恵まれた環境ということもあり、

何かを努力してやるなんて発想はなく、

とにかくボーッとしてた気がします。

 

そんなわたしが生まれて半世紀を過ぎて

初めて自ら挑戦してることがあります。

 

ウクレレ です。

 

コロナで自粛モードになり始めた頃、

なんとなく

ウクレレ でも、はじめようかなあ」と

ぼそっと呟いたのを

優しい次男が聞き流すわけがなく、

Amazonでポチっとしてくれていたのでした。

 

いや、そうは言っても

飽きっぽいわたしが

絶対に、続くわけはないから

自分では決して購入することはなかったでしょう。

 

しかし、

「頼んでおいたから、母の日のプレゼントってことで」と言われ、

おぉ嬉しい!という気持ちと、

いやいや待て待て

せっかく買ってくれても

ちゃんと続けられるのか

という不安と半々で‥‥大丈夫かな。 

 

それでもだんだん楽しみになってきて、

届いたらすぐに弾けるようになりたいと思って、

息子のギターを触ってみたり、

レッスン動画を見て予習したりしていました。

 

ウクレレ 」「初心者」「すぐ弾ける」

で検索すれば出てくる出てくるレッスン動画。

無料の動画でいつでも学べるなんて、

なんて便利な時代でしょう。

 

コロナの影響で

ギターやウクレレ を始めよう

という同じ考えの方も多かったみたいで

2か月待ちぐらいということだったのすが、

もう待ち遠しくて待ち遠しくて。

 

予習バッチリで

待ちに待ったウクレレ が届いた日。

f:id:bakemix:20201008165956j:plain

小さくて可愛いその弦楽器に

テンションが上がる上がる!

早速予習していたコードを弾くと、

あらら予習のかいあって、

結構上手に音が出せて

更にテンションが上がり

2週間くらいは

何曲か好きなJPOPの簡単コードを

口ずさみながら弾いたりしてみました。

 

ウクレレ 、楽しい!

 

が、わたしが弾きたいのは

ソロ演奏というやつです。

 

初心者動画で多いのはコード弾きといって、

弦のコードを押さえて

全てのコードをジャカジャカ伴奏だけ弾いて

歌いながら演奏する弾き語り。

 

ソロ演奏は、

メロディ(歌パート)と伴奏(リズムパート)の

両方を一本で演奏するものです。

 

これも自粛期間中に

サザンの「真夏の果実」を

ソロ演奏している動画に出会い、

すごい!こんな風に弾けるようになりたい!!

と思い、

しかもサザンの曲中で

真夏の果実」1番好きなんですよ。

好きな曲が自分で演奏出来たら

気持ちよさそうですよね〜。

 

これを目標に、まずは基礎練習、

簡単なコード弾きを順調に進め2ヶ月、

そろそろ挑戦出来るだろうと

真夏の果実」の楽譜をダウンロードして

(楽譜もダウンロードで買えるなんてこれも感動)

早速練習開始。

1ヶ月で完全マスターをいう目標をたてて

ワクワクしながらはじめましたが‥‥。

 

そんなに甘くなかった。

いや、甘いわけがない。

 

指が素早く動かない、

指が開かなくて弦から弦に届かない。

コード弾きではごまかせたけど、

ソロでは見事に全部音に出てしまう。

おまけに老眼で細かい楽譜が読みづらくて、

老眼鏡をかけながらやると

ウクレレ の弦がズレて見えてしまって

全然合わない。

(楽譜は後に拡大しました)

 

目は疲れるし、肩は凝る。

先行きが不安になってきました。

 

ところが‥‥なかなか上手く出来ないのに

 

楽しい!

 

自分のイメージした音が出ると、

もうかなり嬉しいものです。

ものすごくゆっくりな進歩ですが、

なかなか上手くいかなかったことが

あるときちょこっとだけ出来るようになるのが、

ちょっとした感動です。

 

「母さん、若い頃にこんなに練習してたら、

もっと早く上手くなれてかもね」

と言われたけど。

 

そうですね。

若い頃だったら

確かに飲み込みも早くて

サッサと弾けるようになってたかも知れません。

 

いやいや、面倒臭がりなわたしは、

出だしてちょっとでもつまづいてたら、

すぐにやめてしまっていたことでしょう。

自分のことです。

わかります。

ほんの少し努力すれば出来るようになるのに、

その努力が面倒なのです。

 

大人になった今だからわかること。

 

年齢を重ねてきたからこそ、

小さいひとつひとつのことが

確実に成果に繋がっていくことがわかる。

若いときからそれが

出来ている人も多いですけどね、

わたしはダメでした。

 

若いからこそ出来ること、

若いからこそ気づけないこと。

50過ぎたから気付けること、

出来にくいこと。

 

若いときの何倍も練習が必要かも知れないけど、

それも楽しい。

 

簡単だったらきっとつまらない。

きっと難しいから楽しい。

 

それがわかっただけでもオトナっていいわ〜

 

何か新しいことはじめましょ。

 

 

 

そして、プロアマ問わず

弦楽器を弾いている全てのミュージシャンに

敬意を表します。

 

みんな凄い!カッコイイ!!