ばけみの終活

最後まで明るく生き抜くためのブログ

Google姉さんに聞いてみる

ばけみです。

 

Googleで検索するのが大好きです。

 

世間ではGoogleで検索をすることを

ググる」というようですが、

わたしは「Google姉さんに聞いてみる」

と言っています。

 

Googleが設立されたのは1998年なので

自分の子どもくらいの誕生ですが、

わたしにとっては、

人生の先輩のような存在です。

 

家族との会話でわからないことがあれば

すぐ姉さんに聞いてみます。

本屋や雑誌を読んでいるときも

理解できなかったり

気になるところがあれば

必ず姉さんに確認してみます。

 

公的なサービスの情報

夕飯の献立

子どもたちの学校のこと

芸能情報

ダイエットのこと

 

特に今は

ブログ運営のうえでわからないことは

常に姉さんに聞いています。

 

かたときも離れられない存在です。

 

Google mapにいたっては

もう彼氏のような存在です。

 

彼のおかげで

いろんなところに

スムーズに足を運ぶことができて

めんどくさがり屋のわたしでも

ずいぶん行動範囲が広がりました。

 

これは腰の重い自分にとって

人生を変えてくれた存在といっても

決して大袈裟ではありません。

 

自己啓発本の中でも

大卒で成功している著名人の発言でも

「大学は意味がない」とか

「学校の勉強は必要ない」

とおっしゃってるかたが多いです。

わからないことは

全部Googleが教えてくれるから。

 

わたしは勉強が苦手で

大学も出ていないので

比較が出来ないですが、

たしかに「知識を得る」

という意味ではそうかも知れないですね。

 

学校が必要じゃない

とは言い切れないですが。

 

「学ぶ」とはどういうことか。

 

何年もGoogle姉さんに頼ってきて、

ちょっと姉さんに甘えすぎかな

と思うときもあります。

 

でも姉さんは情報は与えてくれても

その使いかたまで口出しはしません。

活用のしかたは自分で考えろ!

あとは行動するだけだ!

 

そうです。

甘えてるわけではない。

 

姉さんに聞いても理解できないこともあるし、

やりたくないときはやらないし。

 

必要なことは

情報を集めて精査し、

自分で判断し、

行動すること。

 

完成された情報を提供されて

「これをやりなさい」

「これが正解ですよ」

というのが学校なら

自分で考える力はつかないですよね。

 

学校に行くことで

逆にコミュニケーションがうまくいかず

苦しむことになる子もいるし。

 

学校が必要ないと言われることも

わかります。

 

わたし自身は

経済的にも成功しているとは

とても言えないですが、

 

疑問に思ったこと、

知りたいことを

いつでも好きなときに

自分から調べて学べられる

今の時代の環境を素晴らしいなぁ

と感じます。

 

このブログのテーマである「終活」

 

Google姉さんに出会ってなかったら

とても自分の力だけでは

やる気にならなかったなぁ〜

 

 

ただし、

自分がお願いした検索ワードで

姉さんが探し出してくれた情報が

必ずしも正しいものだとは限らないし、

自分のスタイルと違うものもあるから

きちんと見極める力は持っていたいですね。

 

情報で溢れている世の中で、

ただ流されるだけの生き方は

したくないです。

 

自分で調べて自分の頭で考えて

行動する。

それがわたしにとっての「学ぶ」です。

 

とにかく

 

Google姉さん!いつもありがとう‼︎