ばけみのワルあがき

最後まで明るく生き抜くためのブログ

健康長寿について思うこと

このブログの説明文を

「最後まで明るく生き抜くためのブログ」

としています。

 

20代、30代。

健康体で動けているときは

自分が年老いていく姿を

想像しにくいものですが、

40代、50代。

少しずつ体の不調があらわれると

確実に訪れるであろう

老いへの不安が大きくなっていきます。

 

先に老いていく親の姿と

将来の自分を重ね、

老後のことをいろいろと

考えるようになります。

 

老いと死は避けられない現実ですが、

これからの何十年かを

不安な気持ちで過ごす毎日なんて

まっぴらごめんです。

 

明るく生き抜きたい

という気持ちを込めて

ブログの説明文を決めました。

 

 

健康長寿とは

〜健康じゃないことは罪なのか〜

 

老化の道は避けられないとはいえ

やはりできるだけ

健康な状態で

人生を楽しみたいものです。

 

健康じゃなければ

子どもたちに迷惑をかけてしまう。

終活をしようと決めたきっかけです。

 

残りの人生も終わりのときも

迷惑をかけないように‥‥。

最初はそう思っていました。

 

それでは

健康じゃないといけないのか?

「生きる」ということよりも

健康にのみ気持ちがいってしまってないか?

 

現代の健康ブーム。

 

もちろん健康を維持するために

適度な運動、食生活の改善などを

することは大事です。

 

でも、なにか違うと

感じてしまうのです。

 

こんな話を聞いたことがあります。

 

あるご夫婦。

ご主人のほうは

食事にも気を配り、適度に身体を動かし、

検診もまめに受診して、

健康にはかなり神経を使って

生活をしていました。

 

一方、奥様のほうは

お酒が大好きで

お酒が入るとタバコの本数も増えて

とにかく、賑やかなことが大好き。

 

なんとなく

わかるかもしれませんが、

 

そうです。

ご主人は50代後半という若さで

ガンになり亡くなりました。

 

そして奥様は

ご主人が亡くなられてから

30年以上もピンピンして

生きておられたそうです。

 

まあ、この話は

なかなか禁煙できない友人が

よく言い訳に使うご両親のことです。

 

どんなに気をつけていても

病気にもなるし、ケガもします。

 

コロナウィルスもそうですよね。

手洗い、うがい、三密を避ける。

全て徹底してしていたのに

感染してしまった‥‥。

という話しもよく聞きます。

 

健康であれば、

それだけ行動できることも

多くなるので

そうあることは大事です。

でも

健康体であることを目的にすることは

間違っています。

 

老化現象は必ずおとずれる。

 

老眼、耳が遠くなる、足腰の衰え、

骨粗しょう症、頭の働きが衰え

などなど

 

加熱する健康ブームで

中高年、高齢者向けの

高額なサプリメント

健康グッズの広告って

すごく多いですよね。

 

もちろん、いいものもあると

思いますが、

あまり振り回されず、

冷静に判断して取り入れたいものです。

 

神さまじゃあるまいし

完全な健康体なんてないんです。

 

健康は素晴らしい。

 

だけど、そればかりに力を入れ過ぎないで。

力を抜いていきましょう。

 

 

人は迷惑をかけながら生きている

 

「迷惑をかけたくない」

という思いもあってはじめた終活。

 

まずはエンディングノートを書き残す。

(まだ全然出来上がってないけど)

身の回りの整理、

葬儀、お墓のこと、

お金のこと、家のこと、

いろいろ調べているうちに

 

「迷惑をかけない」

とは、どういうことだろう。

 

人は生きるときも死ぬときも

誰かの手を煩わせ、

助け助けられて生きています。

「迷惑をかけない」

わけはないのです。

 

想像したくはないですが、

想像してみました。

 

もし、自分の子どもが

突然不慮の事故にあい

自分の力で動けない体になったとして、

老いていく自分が

一生、介護をしなければならくなったとき、

その子が

こんなことになって、

親に迷惑をかけて

死んだほうがマシだと考えていると

知ったら。

 

それでも生きてほしいと思うでしょう。

 

極端な例かもしれませんが、

世の中には、そういう家庭もたくさんあって

実際に苦しい生活を強いられている

現実もあります。

 

「老いと死」だけではなく

もともとの障害であったり

病気や事故で

誰かの助けが必要なときもあるのです。

 

ハダカでこの世に生まれたときから、

誰かの手を煩わせ、

世話をしてもらって

生きてきたのです。

それは「迷惑」ではない。

 

「迷惑」とは

他の人に不快な思いをさせる

悪意のある行為のことです。

 

できるだけ健康で生きたい。

誰もがそう願っていますが、

それは自分のため

自分が人生を明るく生き抜くためであって

誰かに迷惑をかけないためではないのです。

 

必ず誰かのお世話になるのです。

 

 

感謝して前に進む

 

とはいえ

お世話になることを

当たり前だと思ってはいけません。

 

自分の子ども

「ここまで育てたんだから、

この先、世話をするのは当然だ」

なんて態度は言語道断!

 

親がこどもの笑顔を見て安心するように

人の笑顔、幸せそうに生きている姿を見て

安心するのです。

 

いつもグッタリ、機嫌を悪くしていたら

心配になるじゃないですか。

それこそ迷惑です。

 

誰かに助けてもらったら

笑顔で感謝して

とにかく前に進もう。

 

前に進むとは

老いていくことなんですが

どうせ生きるなら明るくいきましょ。

 

 

おまけ

 

f:id:bakemix:20201026234449j:plain

f:id:bakemix:20201026234745j:plain



平日は、

ほぼフルタイムで働いている

兼業主婦なので

ブログの更新は

週末になることが多いです。

そんな貴重な日曜日に

激しい偏頭痛に襲われて

どうにもこうにも

ブログどころではなくなりました。

今日はだいぶ回復して

出勤しました。

仕事中、空を見上げたら、

(配送業なので、ほとんど外仕事)

雲がすごくキレイで。

昨夜の頭痛で家族には

心配と迷惑‥‥

いやいや迷惑じゃなく

お世話をかけてしまいましたが、

助けられてスッキリして

空がさわやかだと思えて、

このことをブログに書きたいと思いました。