ばけみのワルあがき

最後まで明るく生き抜くためのブログ

自分の言葉

 

近ごろ

ブログで文章を書いて

更新してしまってから

時間を置いて

あらためて読んでみると

 

これは本当に

自分が考えた

自分の言葉なのだろうか‥‥

思いなのだろうか‥‥

 

そんなふうに思うことが多くて

少し止まってしまっていました。

 

言葉を書きとめてはいたのですが、

更新する勇気がなくなってしまって。

 

勇気がないというほど

大げさな感覚でもないですが、

ただただ

この文章は、ほんとうに

自分の正直な言葉なのか

と、つい考えてしまい

ポチッと更新できなくなっていたのです。

 

ブログを書いている人は

多かれ少なかれ

そういうことってあるのでしょうか。

 

優柔不断なわたしは

 

新聞記事のコメントだったり

情報番組のコメンテーターの意見だったり

はたまたSNSの投稿だったり。

 

新しい意見を耳にすると

「ふんふん、なるほど」

と簡単に流されてしまい、

自分の思いは

あっちにこっちに

いつだってブレブレ。

 

どうしても未熟な自分を押し出し気味の

消極的な文章になってしまうわけです。

 

圧倒的な勉強不足。

 

といっても何から勉強していいのやら。

とにかく「自分の考え」

というものを

ハッキリ伝えられる力がほしいと

前々から気になっていた

ちきりんさんの本を購入しました。

 

 

 自分の頭で考えたことを

文章で書けるようになればと。

 

購入してばかりで

まだ読み始めてないですが、

勉強させていただきます!

 

とはいえ

自分の考えなんて

いつだってあやふやで

変化していくものなのかなぁ。

 

今、この文章を書きながら

感じています。

 

とにかく書いて出していくことで

形作られていくもので、

止まっていてはダメなんですよね。

 

物事の正解なんて

自分で出せるわけないし

カッコつけずに

とにかく出していくことが

勉強かな。

 

止まっていた足を一歩前に。

運動不足はカラダによくないもんね。