ばけみのワルあがき

最後まで明るく生き抜くためのブログ

物忘れ(物忘れの記事でタイトルを書き忘れる)

f:id:bakemix:20210111132923p:plain

 

9歳年上の60代の主人は

見た目よりも若く

定年後も仕事を続けていて、

週末は近所の子どもたちに

スポーツを教えたり。

大きな病気をすることもなく

年齢のわりに元気で

本当にありがたく思っています。

 

ただ、最近

忘れ物が多くなって

出かけてしばらくすると

戻ってくることが

しばしばです。

 

この人大丈夫かなぁ‥‥

と心配していたら

人の心配をしていられないことが

起こりました。

 

 

財布がない‼️

 

緊急事態宣言が発令された週末。

政府の要請に従い

不要不急の外出をせず

巣ごもり生活をしている我が家。

 

それでも

大人5人で暮らしていると

食料のまとめ買いでは追いつかず

成人式の朝

重い腰をあげて

近所のスーパーに買い物に

出ました。

 

醤油や牛乳、サラダ油などなど

重いもの。

カップ麺やお菓子など

かさばるもの。

 

大きめのエコバッグふたつから

溢れそうな食材を買い込み

重い荷物を両肩に抱え、

はぁはぁしながら

我が家までテクテク。

 

玄関に重い荷物を

ドカッと下ろして

とりあえず手洗いうがいに

アルコールで除菌。

 

買ってきたものを

冷蔵庫、冷凍庫、常温のもの

とわけてテーブルにならべ、

途中、動きづらくて

上着を脱ぎ捨ててから

それぞれにしまい。

 

エコバッグをたたんでいるときに

ふと

あれ、「財布がない‥‥」

いやいや、まてまて

 

買い物に出るとき、

荷物をたくさん持つことになることを

想定して、

小さめの財布にお札を一枚いれて

2枚のエコバッグのひとつに

その財布ともうひとつのエコバッグをいれて

買い物が終わったあとも

財布を落とさないように

エコバッグの一番したに財布をいれて

その上に買ったものを

どんどん入れていったはず。

 

ないわけない。

 

が、持っていったエコバッグ

ふたつともキレいにたたんである。

 

ん、まてよ。

 

小さめの財布ではあったけど、

買い物の量が多すぎて

エコバッグからあふれそうになってしまい

財布は上着のポケットに

移動したような‥‥。

 

さっき上着脱ぎ捨てたわ!

 

が、ハンガーにかけた上着のポケットには

なにもなし。

 

脱ぎ捨てたと思われる周辺にもなにもなし。

 

まさかなぁと思いながら

冷蔵庫、冷凍庫、野菜室、

食器棚まで確認してけど

 

ない❗️

 

ウワーッ、やらかしたっ!

 

慌ててスーパーに戻ることに。

スーパーから家まで帰ってきた道のりを

財布が落ちていないかキョロキョロ探しながら

逆に歩きながらスーパーへ。

 

お会計をしてくれた

レジの女の子に確認したけど

届出なし。

駐車場の誘導員の人にも確認したけど

見ていない。

 

どうしよう。

 

メインの財布ではないから

現金も少しでクレカ類も入れてなかったけど

免許証が入っていて。

 

免許証。

 

それは

車の運転を仕事とするわたしにとっては

絶対になくてはならないもの。

 

ヤバいヤバい。

田舎町で近くに交番もない。

見つからなかったら

明日どうしようーーー。

 

家にいた次男も心配で

探しにきてくれて

とりあえず、また

スーパーから家までの道のりを

植え込みをなどを確認しながら、

そして自分の行動の記憶をたどりながら

帰りました。

 

ほんの少しだけど

時間も過ぎて、次男がきてくれたことに

気持ちも落ち着いて

もう一度家のなかを確認してから

警察に届けようと

普段使っているトートバッグに手をかけると

 

 

 

ある!

 

え、えええ

 

そこで思いだしました。

 

着ていった上着はポケットが浅くて

財布を入れたら落とす可能性があるから

そのポケットに入れないようにしていたこと。

 

エコバッグから買ってきたもの出すときに

一番最初に下の方にいれた財布を

わざわざ探り出し、

バッグに戻したこと。

 

なぜ、そんな行動をしたかというと

財布をしまい忘れないように

するためだったのです。

 

またまた

慌ててスーパーに戻り

レジの女の子と駐車場の誘導員のひとに

財布が見つかったことを報告しました。

スーパーのひとは

わざわざ防犯カメラでわたしの動きを

確認してくれて

財布をエコバッグの下に入れていたのを

確認してくれていて、

駐車場の誘導員の人も

ずっと探してくれていたのでした。

 

見つかったことを知らせると

「本当によかった!」と

一緒に安堵してくれて

申し訳ないのと感謝で

何度あたまを下げ、

 

寒い中、探しにきてくれた息子にも

感謝で‥‥。

 

でも、こんなアホな忘れ物に

悲しいやら情けないやら。

 

まえまえから薄々気になってはいたけど

これは単なる老化なのか。

まさか

認知症の初期症状なのか。

 

メチャメチャ不安になってきました。

 

 

 

加齢による物忘れなのか‥‥

 

歳をとると記憶を再生する機能が

衰えることにより

覚えていたことを思い出すまでに

時間がかかってしまいます。

でも

「財布をしまったこと」

「約束したこと」は覚えていて

物忘れに対する自覚があり

ヒントがあれば思い出すことができます。

 

一度記憶したことは

必ず頭の中の引き出しに入っていて

引き出すヒントさえあれば

必ず思い出せるということですね。

 

それは認知症ではなく

老化による物忘れです。

 

どうやら今のところ

今回の「財布がない‼️」事件は

老化によるもので

記憶を引き出すまでに

時間がかかってしまうように

なってきてるんですね。

 

認知症はもっと大変なことですが、

物忘れがひどくなっていくのも

恐ろしいことです。

 

 

認知症とは

 

それでは認知症とは

どういうことなのでしょうか。

 

 

大きく3つのことが言えます。

 

1. 日常生活に支障がある

  例:自宅への帰りがわからなくなる。

2. 物忘れの自覚がない

  例:同じ会話に気づかず

   同じ話しを何度もする。

3. 経験したことを忘れる

  例:旅行に行ったことを忘れる。

   朝ご飯を食べたことを忘れる。

 

ということです。

介護施設に勤務している主人によると

老化による物忘れが

認知症につながることはない、

ということです。

 

 

まとめ

 

老化だから仕方ないとはいえ、

できるだけ

物忘れを防ぎたいものです。

今日一日で何人かのひとに

迷惑をかけました。

 

1.睡眠

2.軽い運動

3.趣味

4.食事

 

物忘れ防止に限らず

健康長寿を目指すには

どんな専門書や情報番組でも

繰り返しいわれるように

たっぷりの睡眠と

歩くなどの適度な運動、

自分にあった趣味をみつけて

豊かに過ごす、

バランスのとれた食生活。

 

普通のことですが、

なかなか出来ないときもありますよね。

 

完璧を目指すとストレスにもなって

逆に疲れてしまいそうですが、

意識しながらも

ボチボチやっていきましょう。

 

そして

決して忘れないであろう

このプチ事件を忘れないために

ブログに残すこととします。